忍者ブログ

フレンチブルドッグ!ニコ&ひかりのブログ in 勝田台

勝田台在住!仲良しなフレンチブルドック2匹の愉快な日常を記録したものです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

手術後① 

前回の更新から随分間が空いてしまったので、既に手術も終わり完全回復していますが、今回は手術後の様子を紹介します。

病院の先生からは、術後1週間はお互いの手術箇所をなめてしまったりするのを避けるためにカラーを着用するように言われました。

ニコ氏は2度目ですが、ひかりちゃんは初めてのカラー。
前回ニコ氏が着用した時は、かなり嫌がっていたのでどうなることかと思っていましたが、意外と素直に受け入れてくれました。

20090727_1.jpg
着用して直ぐに違和感ゼロ!

20090727_2.jpg

20090727_3.jpg
2ブヒとも結構似合ってるかも。

20090727_4.jpg
カラーに隠れて秘め事なども…。

20090727_5.jpg

20090727_6.jpg

br />

途中、2ブヒの局部が腫れてしまい「炎症止め」を服用していましたが、ほぼ問題なく抜糸まで終わりました。
ということで次回は「抜糸編」を!





 
言わずと知れた、フレンチブルのポータルサイト
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

banner_2008016.jpg 


banner_hp.jpg
2ブヒの写真が多数公開されているのでこちらもよろしくお願いします。

拍手[0回]

PR

これで見納めです。 

突然ですが、今週の土曜日(7/18)に去勢の手術に臨みます。

今までこの件に関しては、悩み決断を先延ばしにしてきましたが、最近激しさが増してきた兄弟ケンカや他の子へのマウンティング行為やストレス、その他の病気のリスクなど諸々を考えると去勢という手段がベストな選択なのかなと思い今回決断しました。


とは言え、名残惜しいので今回は少し下品な画像ですがお許しください。

これで見納めです。

20090715_1.jpg

20090715_2.jpg







 
言わずと知れた、フレンチブルのポータルサイト
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

banner_2008016.jpg 


banner_hp.jpg
2ブヒの写真が多数公開されているのでこちらもよろしくお願いします。

拍手[0回]

抜糸。 

先日の検査で縫っていた箇所の抜糸してもらいにいってきました。

20090616_1.jpg

病院の診察台に立ってもいつも笑顔のニコ氏。(ひかりちゃんはいつも怖くて震えていますが…。)

20090616_2.jpg

20090616_3.jpg

20090616_4.jpg

20090616_5.jpg

抜糸までの作業はほんの2・3分程度。
軽く消毒したらはさみで糸を切るだけ。痛がるそぶりもなくすぐに完了。

後はたまに腫れてしまつことがあるので、1週間分の抗生物質を処方していただき無事修了!



我が家を騒がせた腫瘍事件も無事全て解決しました。

色々とご心配お掛けしました。


今後ともよろしくお願いします。






 

拍手[0回]

その後の経過報告! 

20090609日の記事で、腫瘍らしきものの正体が『化膿性炎症』であることが発覚し、腫れもある程度引き順調に回復しています。


検査のために組織を採取する際にメスを入れたので現在は縫合された状態。

20090612_1.jpg

20090612_2.jpg

散歩直後ということもありかなり赤みがかっていますが、本人的には特に気にするそぶりもないので、まず問題ないと思います。

1~2週間で抜糸ということだったので、今週病院で診察していただき問題なければ抜糸予定です。




突然ですが、

20090612_3.jpg

ひかりちゃんの凛々しい表情を!






 

拍手[0回]

検査結果 

先日紹介した、ニコ氏の腫瘍らしきものの正体が発覚したので、ご報告させていただきます。




結論から言うと、ただの 『炎症』 だったみたいです。




詳しくは以下の通りです。

20090609_1.jpg

20090609_2.jpg
------------------------------------------
病理組織診断 化膿性炎症(suppurative inflammation)

摘出された組織では、真皮から皮下組織にかけて、多数の炎症細胞の浸潤が認められます。
病変部では多数の好中球ならびにマイクロファージと好酸球の浸潤が認められます。
周囲の組織は水腫性に疎開しています。


採取された組織では進行性の化膿性の炎症が認められます。原因については不明ですが、多数の好中球が主体となっており、細菌感染や毛包炎、異物などによって形成された病変と推察されます。検索した組織では腫瘍性の病変は認められません。
------------------------------------------


今回検査していただいたのは、北海道の札幌にある「病理組織検査 ノースラボ」というところ。
詳しくはわかりませんが、いつも行く病院の先生曰く、その道の権威の方がいらっしゃるということで、かなり信頼できる検査結果をいただき、ようやく一安心できました。


20090609_3.jpg

後日、またドッグランフレンドに行って来たのですが、こうしてまた元気に遊ぶニコ氏を見て、感慨深いものがありました。



その時の模様はこちらをご覧ください。
http://nikohika.ninja-web.net/diary/20090609.html




 

言わずと知れた、フレンチブルのポータルサイト
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

banner_2008016.jpg 


banner_hp.jpg
2ブヒの写真が多数公開されているのでこちらもよろしくお願いします。

拍手[0回]

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[08/19 履歴書]
[10/18 ニコ氏見つけました]
[09/02 NONAME]
[03/05 くるみパパ]
[05/16 backlink service]

最新TB

プロフィール

HN:
ニコひか(父)
性別:
男性
職業:
コンピューター関係
趣味:
フレンチブルドッグと戯れること
自己紹介:
フレンチブルドッグのニコとひかりに出会ってから人生観が一変してしまいました。
とにかく可愛くて人懐っこいフレブルにいつもメロメロです。

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

アクセス解析